Scrapboxを使い込むためのブラウザ検討1: PCならVivaldiが良い感じ

タイトルで全て言い切ってしまっていますが、一応解説を。

ScrapboxをVivaldiで 使うべき三つの理由

1.Scrapboxをもっと便利にするChrome 拡張が使える

Vivaldiの紹介なのに、いきなりChrome拡張の話ですが (笑)
VivaldiではChromeの拡張機能がそのまま使えます。Scrapboxを使う際に特にオススメの拡張機能は以下の3つ!

Checker Plus for Google Calendar™
右クリックメニューからGoogleカレンダーに予定を送り込むことができます。ScrapboxはGoogleカレンダーとの連携機能はありませんが、簡単に予定を追加できれば問題ありません。Scrapboxでタスク管理をする人は必携です。

ScrapScripts
URLリンクのタイトル補完機能等便利な機能が使えます。

Scrapbox同時検索
その名の通り、Google検索をした際に指定のScrapboxプロジェクト内も同時に検索することができます。超便利です。

2.拡張性が高い

Chrome拡張だけならScrapboxをChromeで使えばいいのですが、Scrapboxを使う用途では普段のブラウザの配置が適当とは限りません。そこで、自分で配置等をカスタマイズできるVivaldiをScrapbox用にカスタマイズすることをオススメします。
例えば私は以下のように設定しています。
Image

左パネルにはScrapboxの重要ページを表示

Vivaldiの特徴であるパネルは左に表示して、主にブックマークを表示しています。ただし、ここには主にScrapboxの重要ページのみをフラットに並べています。つまり、擬似的なプロジェクトリストをブックマークで作成しています。

タブを右サイドバーに表示

私は右サイドにタブをタイトルが見える状態で表示しています。Scrapboxを使う際には多数のタブを使うことが多いので、タブの把握が簡単な配置にしました。

Scrapboxのページ以外のブックマークおよび、ブックマークレットを上

これは地味に重要です。なんと、Vivaldiではブックマークバーに表示するフォルダを選択することができます!(他のブラウザでできるかはわかりません)
ブックマークレット等の作業中に使用するリンクのみをブックマークバーに表示し、左パネルと棲み分けています。
Image

3.タブのタイリングが簡単

私のようにアウトライナーからScrapboxに乗り換えた際、「複数の項目を一覧できない」ことに違和感があると思います。
もちろん一覧性がなくてもリンクやページの切り出しで対応できることがScrapboxの長所なので、まったく不満はありません。ただし、どうしてもカットアンドペーストのために、複数のタブやウィンドウを並べて表示したくなることがあります。
その際に複数のタブを簡単にタイリングできるVivaldiが非常に便利です。

Vivaldiのイマイチなところ

Vivaldiの欠点を挙げるとすれば動作しないChrome拡張機能があることです。

  • 公式のGoogleカレンダー拡張機能は認証が通らない。
    これは、上述のChecker +を使えば解決
  • Speechnotesが動かない。
    Speechnotesで外部Webサイトに音声入力できるようになったのでScrapboxでも試してみたのですが、私の環境ではVivaldiでは動作しませんでした。現状はScrapboxに音声入力したい場合は、iPhoneでPorterから入力するようにしています。

今回は他のブラウザとの比較はできませんでしたが、Scrapboxを使っている方はVivaldiを試してみては?