DynalistをiPadで手書きノートとして使う方法

前回は2大ノートアプリのEvernoteとOneNoteを検討しました。

一方で、思考ツールとしては私はクラウドアウトライナーであるDynalistを使っていますが、WorkflowyやDynalist等のアウトライナーが容易に扱えるものはテキストメモのみとなります。

iPad Proでメモをしているとどうしても手書きのメモをしたくなるため、クラウドアウトライナーであるDynalistを用いて、画像メモおよび手書きのメモを扱えるかということを考えていきます。

手書きメモをGyazo経由でDynalistへ貼り付ける

Dynalistはデフォルトで画像が一応扱えるので、手書きノートを書けるアプリ(GoodNotes等)から、Gyazo (画像に URL を付与できる Web サービス) を経由して、画像URLをDynalistリストに貼り付けることでDynalistに手書きの図を貼り付けることができます。今回はDynalistへメモを投稿するアプリDynawriteを使った投稿方法を見ていきます。当然Dynalistの公式アプリでも同様な方法が使えます。

Dynalistに文字、GoodNotesに図を書く

以下のように、Dynalist(図はDynawrite)にテキストメモを記入し、GoodNotesに図を書きます。もちろん図を書くのはiOSのメモ帳でも問題ありません。

GoodNotes 4

960円
(2018.04.28時点)
posted with ポチレバ

Dynawrite

無料
(2018.04.28時点)
posted with ポチレバ

Dynalist

無料
(2018.04.28時点)
posted with ポチレバ

図をGyazoに出力する

GoodNotesで選択範囲のスクリーンショットをとりエクステンションからGyazoを選択します。(無料のGyazoカメラが必要)

Gyazoから返ってきたURLをDynalistに貼り付ける

このURLをベタ貼りするとDynalistではリンクとして表示されてしまうので、Dynalistの書式に従い画像として表示されるように以下の図のように変更します。 また、デフォルトではGyazoのリンクは拡張子が表示されていないのでURLに末尾に.jpg を追加することで画像を表示することができるようになります。 (Pro版ではインライン表示されます)

![画像]({カーソル位置}.jpg)

という語句をDynawriteに登録しておくと便利です。

Dynalistでは無事に画像が表示されました。

上記の方法により手書きの図をDynalistにメモすることが可能になりました。 一般的なノートアプリではテキストと描画ツールを切り替えるのに数タップが必要なので iPad のスプリットビューを使用すれば ノートをとるスピードはほとんど変わりません。

いったん貼り付けた後は編集が効かないため、使い心地としてはOneNoteやEvernoteの方が快適ですが、その後の情報整理のことを考えるとこれも一つの選択肢としてありだと思います。どうしてもアウトライナーで手書きのノートを書きたいという方は参考にしてみてください。

補足:
文字については、文字を手書きのまま残しておくことに私は価値を感じていないのでmazecという手書き入力キーボードを使って入力しています。

情報整理

Posted by おち